かわいいんダカラ。おみなえしダカラ

※本日グロ可愛い生き物画像のアップなので、
ナマコとか、うみうし みたいな生き物が苦手な人は今のうちに逃げてねっ※


こんにちは、お久しぶりです。
ぶるぐり。です。

この夏の間、通院回数が減って回復を感じつつ、
普通に夏バテになって、怪獣2人の世話で普通にヘロヘロしてました。

次回予告に、写真とかスカーチョとか制作撮影のネタを多肉と掛けてアップするつもりでしたが
やはり、年に1シーズンの苦行とも言える夏休み中に私の個人的な時間は無く(苦笑)
家の事と子供たちにまつわる事の中で自分の楽しみを見つけることで精一杯な毎日なのでしたw

そんなわけで、今回は子供たちと海に行ってお持ち帰りとなった
タカラガイさんを「ちょっぴり神秘的に」「まるで水族館のような」感じに
雰囲気てんこ盛りの撮影を「カメラの勉強」としてw
何枚か取ったうちの、イイ感じ作をアップしようかなと思います。

ちなみに、「タカラガイ」とはなんぞや?

new_IMGP8297.jpg

↑こんなのです。おみやげ売り場でよく見かけるので、
海方面に出かけた事がある人なら一度は目にした事があるはず?!

でも私、この中身・・・生身は見たことなかったのです。
そう去年まではビーチコーミングで抜けがらを拾うばかりだったので
中身の素性どころか、波で削られる前がどんなものだったのか?
とにかく外がわの削れた貝の事しか知らなかったんです。
本やネットでだけは、調べていたのでなんとなく知っていたのですけど・・・

でも207種のタカラガイが載る図鑑を眺めてニヤニヤするほど
タカラガイは空であっても私にとって魅力的な貝殻なのでした。
むしろ、多くの人は中身の生態よりも外の貝殻のみに魅力を感じているみたい^^;
私はこの謎が多いの生態も貝殻もそれぞれ魅力的だと思います。

それが、何という事でしょう。今年いつも行く海に行ったら
居ましたよ・・・・普通にそこらじゅうに。
特に毒も無いので素手でカタツムリをつまみ上げる感覚でひょいひょいと。

new_IMGP8273.jpg

中にはヤドカリが入った空貝もありました(笑)
見た瞬間、もう可愛くて❤可愛くて。

子供たちと観察すべく適当なプラ虫籠にいれつつ・・・
ついついそのままお持ち帰りに。
( 餌は海綿や海藻 藻類と調べていました。)
コケや海藻の張り付いた小さな岩でできた
ライブロックを数点一緒に水槽へ

多くのアクアリストはカーリーというセイタカイソギンチャクやブロックに着いた余分な藻
海藻などは嫌う様なのですが、
我が家の場合はタカラガイがメイン(笑)イソギンも苔も、微生物なんでもカモン!
で導入することに。。。。

本日でお迎えから4日目となりましたが、タカラガイさんたち
赤い口を出してしっかり岩の表面をかじり、夜も昼も元気よく動いています。
アサリとか、巻貝よりずっと早く?よく動く我が家のタカラガイ達。

調べてみたら、オミナエシダカラという種類でした。
種を特定して調べてみると、藻類に限らず、ウニやイソギンチャクやら
食べるという雑食性でタカラガイとしてはよく見かける種の
(恐らく)飼いやすい種の模様。海綿だけ食べるタイプとかなら
リリースしにまた海に行こうかと思ったけど、
今日まで元気に岩をかじってる様子をみると、飼い方は問題なさそう♪

そんなオミナエシダカラさん5匹。毎日私の癒しです。
現地ではそこらじゅうに居るもんだから勢い余って沢山拾って( 捕まえて)
その場で磯遊びしながらバケツの中を眺めていたんだけど
そんなに飼うつもりないし、飼いきれないし
捕まえたのを肉抜きだけの目的に連れて事はできなくって^^;
元気の良さそうな個体を選別して連れて帰ったのです。
でも連れて買える最中にほかに入れた生き物に毒持ちが居たようで、
クーラーボックスの壁に張り付いていた5匹は助かり、
水の中に居た個体は原因不明で亡くなってしまって、可愛そうな事をしてしまった。
そんな個体は、肉抜きをして貝をとっておくことに(一番目の写真。)

今日は神秘的に、美しく?撮るカメラのお勉強に
モデルさんになってもらいました。

試行錯誤した結果がこれ↓( 我が家の水槽です )

new_IMGP8481.jpg
カメラ:pentax k-x
レンズ:28-75mmの75mmで
ISO800 ・ SS1/80 ・ ホワイトバランス:M


Rawで撮って、Rawtherapeeで調整。プロファイルをK-xにして
彩度、明暗、コントラストを調整。
基本的にホワイトバランスは 物撮りの場合
カメラのマニュアル設定で決めてしまう方が間違いないので
ソフトでいじる事はほとんどしないようにしています。
ちなみに、使ってるWバランサーは20000円くらいの日本製を
まねて作られた海外製の2000円のやつ(爆笑)米尼でゲットしたよ

ISOを極力低めにしたかったので、許容範囲800に設定したぶん
手ぶれがおきるギリギリの1/80で設定。それでも微々ぶれるので
手持ちタイマーで何ちゃって固定撮影です。
ライトは左サイトから白熱灯を当ててます。


上はそこそこ気に入ってるんだけど、実はエアレーションでかなり泡があるはずなんだけど
泡が流れて写ってるから美しくない・・・・
というわけで二枚目は泡も写したい目的で設定を変えてみる。
new_IMGP8485.jpg
カメラ:pentax k-x
レンズ:28-75mmの75mmで
ISO12800 ・ SS1/800・ ホワイトバランス:M


Raw現像の方は1枚目の流れと殆ど一緒。
こっちはライトを真上からあてて、シャッター速度を1/1000だと暗くなりすぎちゃうので
1/800で撮って、ソフトで少し明るい方に傾けて・・・と調整してみた。

1枚目のホワイトバランスは目標とずれちゃったんだけど、
まぁいいやとそのままに、二枚目は納得のカラーになるまで
カメラ設定を何度かやり直している。

本来バランサーを対象物付近にもって得た光を撮って設定するタイプの
バランサーだから、水槽内の対象物に、ガラス面から当てた光だと
もともとの電球色に合わせたバランスだとずれてしまって難しかった。。。
もう運みたいな感じで撮ってる気がしなくもない(笑)

なんにせよ、二枚目はお気に入りの写真になった。
泡が綺麗に写ってて色もちょうどよく出たし。

タカラガイは、この貝が見えてる状態でも動いてるんだけど、
貝殻を全部体で覆って隠している姿
( 一番上から二番目の写真に載ったハリネズミみたいなやつね)
も可愛いくて仕方ない。魅力的な被写体を、写真を通して魅力的だと伝える
そんな技術は暗記して覚えるようなものでは身につけられない。
この可愛さ、どうしたら切り取れるだろうか?

カメラも貝も、奥が深いな♪

やっぱり山より海が好き!

てか山1:海9で海が好き!だけど水着で泳がない。ぶるぐりでした!

それではまた☆


追伸:拍手コメありがとうございます。
いいなぁ。。。。きっと透き通った綺麗な海なのでしょうね。一度行ってみたいです。
私は住む県内の1、2を争う綺麗な海辺へ出てきました。
綺麗な海はナマコも多いですよね><ナマコはなんか・・・苦手なんですけど、
タカラガイは大好きなんです(笑)まさかの貝ネタで多肉だけでなく
海のお話でも盛り上がれるとは!とっても嬉しく思いました❤

※拍手コメ2様ありがとうございます★2017/09/06記入
いやいやいや・・・・私も同じです、夏場は特に今年の寒かったり激暑かったりで
( 私からみて )デリケートだった子たちは去年乗り切れたはずなのに今年は・・・orz
増やす事は今は考えなくなりました。でもやっぱり好きなもんは好きということで
残っている子たちを自分ができるときにしっかり可愛がるようにしています^^
カメラはやっぱり楽しいですよ!私はそちらのブログでお写真の色味が綺麗で好きだったので
更新を楽しんで拝見していました!カメラそしてPCも好きな物は好きなので
やめることはやっぱり難しくって><・・・・そうUbuntuでテザー撮影をできるようにしたんです。
今度Ubuntuの記事もちろっと書きたいと思います(笑
EeePC 701SDへLinux Ubuntuで日本語remix 32bit入れてます。
少しまだ重いですが、でもあのPCでエクセルやらペイント、写真いじりできるとなると
Win機では考えられないコスパです。。。お気に入りですよ^^


・・・・このやりとりwコメント再開したほうがよさそうだなwwww
趣味のお話ができるってやっぱり楽しいです❤ありがとうございました!
 








スポンサーサイト