自分のための忘備碌 201509【ダニ退治の前夜祭】

こんにちは、ぶるぐり。です

今回は、連休にウキウキではなく

ぜんぜん良くないどうでもよくないお話。
タニラーなら、いつかは ぶつかる壁、、、
害虫駆除のお話です。

本日今朝であらかたカタが付きましたので
記事に少しまとめて、周りの方に貢献できたらと思います。

さて、本題ですが
それは追記で書かせて頂きます。

まず、本文には農薬殺虫剤を使いまくるという内容であること、
その使用方法や、取り扱い、今回の害虫がそれに当たるかどうか、
確実ではなく、私自身手探り状態であり、不確かな部分も多いという事です。

ダニ、ダニ言ってますが、台風の影響と、
風通しの悪いベランダですので、長雨による痛みや病気、
またダニ以外の虫による害も無いわけではない状況の中で、
今回は目に見えたダニにクローズアップした記事になっています。
ですので、以下多肉の写真も数点あげますが、
ダニだけが問題ではない可能性も否定できない事は
承知の上であることを、ご理解頂きたいと思っています。


文中にはできるだけ、間違いが無いよう、
専門家の方に伺ったり、薬剤のトリセツにかかれた注意書きについては
それが判るよう、記そうと思います。

そのほかの文面に関しては、あくまでも私個人が
【~であろう】【~だと思う、】【だった気がする】【聞いた気がする】などの情報をもとに
実行してみた試験的な方法や考察である事を踏まえて日記仕様に書きます。
暖かい目でお読み頂けますと幸いです。


また、殺虫剤の中には植物に対し、有益な虫までも殺してしまう物、
虫には効いて、哺乳類や植物には安全性がある程度確認されているもの、
使うタイミング(高温期や、雨が降る日)など、使い方によっては
効果が得られなかったり、植物を痛める原因につながる場合があるかと思います。

その辺、を踏まえたうえで、私の今回の【ダニ退治】記事を書かせて頂きたいと思います。

私は虫が大嫌いなので、肉眼でも確認してしまったダニ。
一般的に、根滅させるのは難しいようですが、

頭を振りしぼって、今回は駆除に当たります。

なお、もともと室内にあった鉢には発生しておりません。
ベランダにある鉢全域にダニを確認しており、
そのなかでの数鉢が集中的にダニの餌食になってしまったようです。
数日前までは奇麗だった株が、薬が届くまで、、、様子をみて・・・・
なんて言っている間に、凄いスピードでダメになりました。

同じ症状に見舞われている最中のタニラーさんをはじめ
今後ダニに遭遇した方へ少しでも貢献できたら嬉しい限りです。







さて、手始めに、ダニの大発生に遭うまでの今月のスケジュールを簡単に・・・

9月第一週目・・・・・・・風邪をひく。毎朝多肉をぱっとだけ見る。虫は気づかない
~二周目・・・・・・・・・・台風による長雨、、、、多肉をまともに見れず、晴れた日は朝夕サッと確認。
二周目後半・・・・・・・・台風のちの長雨数日後、数鉢に0.5mmほどの虫が大量発生を確認。

ダニ地獄1日目・・・・・ダニだと判断が付かず、オルトラン水和剤を噴霧。水圧でも飛ばす。
             鉢についているだけではなく、多肉に被害を確認。

→2日目・・・・・・・・・・水に流れて行ったのもいるようだが、全然いっぱいいる。
             被害者の状態が進行している。多肉にさらなる被害を確認。

3日目・・・・・・・・・・・・倍いるのを発見。ていうか、鉢の周りにもウジャウジャいる、ダニの特徴と外れる部分があり 
ダニとは判断しきれず・・・・
             ・・・・・・・・多肉の状況悪化・・・・・  

ホムセンで、スミチオンとダインを 害虫駆除ドクターに薦められる。
ダニ太郎を買いに行ったが、ダニ太郎はダニにしか効かない、ダニじゃなかったら効かないよ。と・・・
広範囲の害虫駆除に使えるスミチオンを薦められ、昼に散布
少なくなった気がするが、夕方生きているのを発見。まだ沢山いる。。。。夕方も散布


ドクターからもらった、殺虫剤パンフを読んで、スミチオンはダニには効果が無いという事を知る。
一応、いくらか殺虫できた気もしたが、ネット上を調べても効果は無いという意見が多数。
【中には、効果があったという意見も見られた】

改めて、ダニを検索しまくると、まったく同じ虫の画像と共に、
ダニ記事を書かれているブロガーさんを発見する。

ダニ確定!!!ダニ太郎をアマゾンさんで注文した。


ダニ太郎・ダインを散布液にして、1L噴霧器で散布。
どうやら効いているようだが、まだ少ないながら居る。

しかし、スミチオンよりもしっかりと効いているようだ。

ここで、太郎さまの威力を確認できたので前夜祭終了!!!



集中的につぶされた被害者の判りやすい部分を抜粋して写真を並べます。

danidani.jpg

nanndaro.jpg

nobara.jpg

私は専門家ではありませんので、これらの多肉症状がダニによる症状とは断言しません。
が、しかし、肉眼でも確認できるプックリダニと、ずーっと見てると粉みたいに
ゾワゾワ動くダニそれぞれベランダの鉢全域に確認しているので、
今回のダニ祭りの被害者参考資料として写真をあげています。

薬剤散布による、葉の痛みもあるかも知れませんが^^;
まぁ、他の方の写真を拝見してみる限りでも近しい写真は多数見つかったので
ダニ野郎でしょうなぁああああ!!!(怒)


前夜祭終了、効く薬が見つけられました(ダニ太郎)ので、
ここから先は徹底駆除に入ります。
薬剤の散布方法や、それにまつわる小話、私なりに気をつけた注意点など
もう少し掘り下げた記事を分けて書きたいと思います。

よって、今日はここまで!!!!





ダニなんか大っきらいだ!!!


最後まで読んだ下さって、いつも本当にありがとうございます。


スポンサーサイト